MENU

【生活】ペットボトル飲料を買わないだけで年間約3万円も節約できる!大学生の節約法

 

f:id:taoblog:20170619161956j:plain

こんにちは!タオです。

 

暑くなってきましたね〜。

そんな今日大学で授業を受けていて思ったことが一つ。

「みんな机にペットボトル置いてるな〜」と。

ちなみに私も置いていました(笑)

 

大学生って、授業が毎日のようにある人はわりと外で(コンビニとか)飲み物買っちゃう人も多いんですよね。

 

で、思ったんです。

 

アレ、飲み物ごときに年間いくら使っちゃってるんだろうって。

 

これから暑くなって喉の渇きが気になる季節ですが、飲み物にお金を費やすのは勿体無い!ということで考えてみます。

 

「塵も積もれば山となる」

 

 

ペットボトルの一本あたりの値段は?

スーパーなどで買うのは比較的安いですよね。

ここでいうペットボトルは500mlとします。

それだとジュースでも一本税抜き90円くらいまでのものが多いんじゃないでしょうか?

 

安いと70円くらいのものもざらにあります。

 

基本的に私の家の近所のスーパーでは、お茶は税抜き70円〜90円

水も70円〜90円くらいが多いかと思います。

炭酸や午後ティー、コーヒーになると、だいたい80円〜100円くらいでしょうか。

 

全部税抜きです。

 

スーパーは比較的安いのでいいですよね。私もよく買ってしまいます。

 

次にコンビニ。

 

コンビニはやはり高いです。

ジャンル問わず一本だいたい100円〜160円くらい

 

 

人気のいろはすは税込108円くらいですかね!

 

こないだ午後ティーが珍しく飲みたくなって値段を見ずに買ったらなんと168円でした笑

 

一瞬 そんな高いの??て思ったんですが

考えてみれば、消費税増税のせいで、高くなってしまってるんですよね・・

 

一年間の飲み物料金を換算

 

ここで計算したのは、ちょっと極端ですが、大学生活をモデルとして

1ヶ月土日は抜いた授業のある平日22日間、大雑把ですが毎日コンビニでいろはす108円を1本買った場合の数字です。

 

※なぜいろはすをモデルにしたかというと単に、周りの大学生が机に置いている飲み物がいろはすばっかだったからです。大学生はいろはす率高い・・

 

そうすると

 

108×22=2,376円 となりますね。

つまり一ヶ月これくらいをペットボトルの水にかけているわけです。(あくまで毎日飲んだ場合)

 

それを一年間で計算すると・・28,512円

 

実は結構かかっちゃってます。(笑)

年間とはいえ、お金があんまりない学生は28,000円て結構大きいです。

 

水を飲むならペットボトルの水じゃなくてもいい

どうせいろはす買って飲むなら正直他の水でもいいですよね。

(水にこだわりがあれば別です)

 

私も水は飲みますが、正直水マスターじゃない限りどれも同じに感じます。(笑)

 

それだと、ペットボトルじゃいけない理由はないはずです。

気持ち的にペットボトルの方が美味しい!なんて人もいるかもしれませんが

そこはスルーします(笑)

 

で、ペットボトルを買わない代わりに、何で喉を潤すか というと

マイ水筒!!これです。

 

水筒のメリット

水筒で水やお茶を持ち歩くことは実はメリットが多いです。

簡単に挙げると・・

 

冷えたまま美味しい水が飲める

これは、ペットボトルだと不可能です。

ましてや夏場は気温が高くて、ペットボトルだとすぐぬるくなります

 

環境に優しい

無駄なごみが出ません。

 

喉が乾いたらすぐに飲める

これはペットボトルも同じですが、ペットボトルは買うところを探さないといけません。水筒の場合は自販機やコンビニなどを探さなくてもいつでもカバンから取り出してすぐ飲めます。

 

節約効果がある

これは先ほどの理由から、考えられることかと思います。

お金がない学生にとって28000円は大事です(笑)

 

水筒のデメリット

いちいち洗わなければならない

これは正直面倒な事かもしれません。

しかも、水筒って長細い筒状なので、奥まで洗うのはちょっとだけ大変です。

清潔に保ちたいので、綺麗にしておくことは大切です。

 

荷物が重くなる

水筒自体がペットボトル並みに軽いというわけではないので少々重くなり、かさばります。

 

時間がないと飲み物を入れるのが面倒

時間がないときは水筒に飲み物を入れる時間すら惜しいですよね。

 

まとめ

節約したいときに水筒は良いアイテムです。メリットも大きいですしね!

今回極端な例で毎日500mlの水を買ってしまう人をモデルに計算しましたが、毎日買わない人でも、ペットボトルを買う代わりに水筒を持参することで、節約効果があると思います。

 

これから暑くなって、冷たいお水が美味しい季節になると思うので参考にしていただけたら幸いです!!

 

では!