MENU

世界初!オーストラリアの無料スーパーから色々考えてみた

f:id:taoblog:20170709235350j:plain

こんばんは。珍しく夜に更新しています、タオです。

 

先日、オーストラリアにできた世界初の無料スーパーについての記事を読んだので、今日はなんとなくその件について考えてみました。

 

オーストラリア・シドニーに出来た世界初のスーパー

先日、シドニーに世界初である「すべて無料」のスーパー 値札なし、レジなしの素晴らしいスーパーができたみたいなんです。みなさんは知っていましたか?

 

このスーパー、「食品ロス」問題を考えてできたそうで、まだ食べれるけど賞味期限が迫っていて普通のスーパーで出せない飲食物を出しているそう!

画像を見る限りだと、きちんと野菜やフルーツなんかも置いてありました。

 

そして、食品ロス問題だけでなく、貧困層、ホームレスなど、生活に困っている人々の支援も狙っているんだそうです。

 

利用者は、買い物かご一つ分まで無料です。

 

食品ロス問題とはなんなのか

ところで食品ロス問題って知っていますか??

 

食品ロスっていうのは、まだ食べれるのに捨ててしまう食べ物のことです。

これって本当にもったいなくて、日本人は年間約632万トンも捨てているんです。

 

これをわかりやすく身近なもので例えると、一人当たりご飯茶碗一杯分を毎日無駄に捨てている計算になるんだそう。

 

日本人なら、お米の大切さは知っているはずなので、いかに食品ロスがもったいないことなのかわかると思います・・・

 

無料スーパーが生活に困る人々を救う

僕ね、この記事を読んで正直めっちゃ良いアイデアだなと思いました!

 

もちろん

食品ロス問題に対しての心がけもだけど、何より一番助かるのは生活に困る人々なんですよね。

 

実は大学で福祉について学んでいるんですけど、やっぱり勉強していろんな事例とかみていくと、貧困な家庭の割合が高い母子家庭とか、その他収入が少なくて苦労している家庭とか多いなってすごく感じるんです。

 

それはきっと海外も同じでしょうし、現地のそういう方々にとっては大きな助けになると僕は思っています。

 

海外は結構そういう無料提供的なものが多い

海外って今回話題にした「無料スーパー」以外にも結構無料で何かを提供して、生活に困る人を助けるみたいなことをしているとこって多いですよね。

 

でも、いざ日本で置き換えると海外ほどそういう画期的なものって少ない気がします。

 

ぜひ、こう言うの日本でもやってほしい!!!!!!!

でもなかなか今の日本ではいろんな理由から無理そうなのが現実・・・

 

まとめ

とにもかくにも食品ロスはもったいなくて、食べれるものを捨てるなら生活に困っている人や、それを必要としている人にあげた方がいいなって単純に思いました。

 

海外でやってることって、良いアイデアだなって思っても日本じゃなかなか実現するのが難しいことも多いから、

もはや僕がこの日本で世界初のことをしてやりたい。って、そう思わせてくれる「無料スーパー」に関する記事でした。笑

 

僕も何か画期的なことしたい!!!!!!