MENU

就活がめちゃくちゃ理不尽なものだと気付いた

f:id:taoblog:20170711201026j:plain

昨日、就活中の友人と少し話していました。

 

彼女は、昔から頑張りやさん・負けず嫌いな性格で高校も偏差値60超えの高校、

さらに大学でも英語専攻で日頃からTOEICなんかを受けて、企業でアルバイトしていたのですが、アルバイトの業務も人一倍デキる人だったので、通常業務とは別に、彼女だけに正社員から任せられている業務なんかもありました。正直、働くということに関していえば、余裕でデキる正社員になれるだろレベル。さらに、運動部のインターハイだとかで県内1位をとったりと、成績は優秀。※顔面偏差値も割と上

 

何もない僕からしたらうらやましいくらいでした。

 

性格も優しいし、思いやりもあって、コミュニケーション能力も高い人だったので、内定もすぐもらえるだろうと誰もが思っていたに違いありません。

 

しかし、そんな彼女が今ぶち当たってるのは、

内定をもらえない」ということです。

 

大手ばっかり受けていたことも理由の一つかもしれませんが、本人は

「今まで人一倍努力して、積み重ねてきたことを全否定されている。」「今までの頑張りや努力は無駄だった」とまで言ってました。

 

しかも、彼女は受からなかった企業に、「え、この人が?」っていう人が内定もらってたりして・・

 

そんなこんなで、日本の就職活動の厳しい現状を身近で感じて怖くなっています。

あまりにも理不尽すぎて。

 

そもそも、日本の就活スタイルってこれでいいの?

 

就活生の本来の「良さ」を引き出せない面接

僕は、彼女の話を聞いていて思ったことが一つあるんです。

 

日本の就活って、結局面接でうまく話せたもん勝ちなだけなんじゃないの?て。

 

結局のところ、いくらそれまでの経歴が優秀だろうが、

いざ働いた時のその人の仕事に関する能力が高かろうが、

カチカチな面接では、みんな同じようなスーツを着て同じような回答を言って、同じような質問されて・・

 

それだけで就活生の全てを判断してしまうのは、実に勿体無いことだと思うんです。

 

もちろん、「自分の魅力を最大限に面接で伝えきれない学生が悪いんだよ!」て言う人はいるかもしれませんが、

 

ならば、「面接はめっちゃ苦手だけど、入ったら仕事はできる」人は圧倒的不利じゃん?て思ってしまいます。

 

それに

みんなロボットみたいに同じようなスーツを着て、同じような質問をされて、同じような模範的回答をする面接じゃ、良い学生がいても見抜けなくない?て。

 

よく人事の人は、その人を一瞬見ただけでどんな人かわかるとか言う人がいますけど

 

「お前は超能力者か!!!!!!!」

 

海外から見た日本の就活の違和感

でね、つい先日こんな記事を見つけました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ここに書かれている海外からみた日本の就活スタイルについての違和感って日本人である僕でもすごく共感できるんですよね。笑

 

特に、短所まで聞かれるのがヘン

ってめっちゃ共感しました。

 

普通に本心から話したら落とされるの待った無しじゃないですか・・・

 

あんまり聞く意味なしかと思います。

 

またこの記事には書いていないですが、海外の就活は大学を卒業する前からは

しないところもあるそうで、大学を卒業した後に2ヶ月くらいは友人と旅行に行ったりして、就活をするタイミングは自分がしたい時らしいです。

 

日本はもう習慣的に、就活は大学在学中からするものであるって感じなので、海外のそういうゆるいところも少し羨ましく思ったりもします。

 

もちろん、日本の就活はマナーを学ぶ機会でもあるので、悪いところだけではないですけどねえ!

 

最後に理想の面接を考えてみた

僕的に、就職する際の理想の面接って、面談みたいな面接だと思うんです。

 

わかります?

 

そっちの方が、キチキチして堅苦しい雰囲気のthe面接!よりも、比較的に肩の力を抜いて行えるし、学生本人の本当に考えていることとかその学生の良さが良い感じに引き出せて、面接官も楽なんじゃない?て思ったりしています。

 

それに、そのひとのコミュニケーション能力もそういう雑談も交えながらの面談的な会話の方がよくわかりませんか?

 

ちなみに、僕のバイトしている企業は見ているとそんな感じの面接です。

和やかです。

しかし、落ちている人は落ちていますし、そこはきちんとしていると思います。

 

こういうことを考えていると、圧迫面接をするひとの意図はよくわかりません。

仮にそういうとこは受かっても、逆に学生側から蹴られる可能性もありますし、メリットあるのかな?なんて考えてしまいます。

 まあ、突発的に予想外の質問に対応できる力は必要かと思いますが・・・

 

ということで、今日は日本の就活の理不尽さとなんで日本の就活はこんなにも肩苦しいスタイルなんだ!っていう愚痴でした。

 

友人には、絶対ホワイト企業に就職してほしい・・・!

 

以上!